テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

不二越会長の失言報道の真実を推測する

www.youtube.com

最近, 富山のトップ企業である不二越という会社の会長が「富山県で生まれ育った人間を不二越は採りません. 閉鎖的だからです」と言ったとニュースになってるらしいので, おれの考えを述べておく.

まず, 失言という言い方をされているが, この本間博夫という人は東京の青山を出て不二越に(たぶん東日本支社に)入社し, そのまま駆け上がったという人物であり, そういう人間が簡単に失言するものかなぁという気がする. それこそ, オリンピックレベルの一流アスリートが自分の飲んでる薬やサプリの成分も分からずに飲んで「間違ってドーピングしちゃいましたすいません」と言うのと同じようなもので, あり得ないことだ. そこらの飲み屋にいるおっさんとは違う.

不二越の広報が言うとおり, 「前後関係が異常な形で切り棄てられている」というのがまたしても真実なのだろう. 日本の報道機関はこういう捏造の仕方は本当にやめた方がいい. こんな動画もある.

www.youtube.com

たぶん, 意図的に偏向報道をしてるというよりは, 報道機関の中にはもう, これが間違ったことだという認識が出来る人間がいなくなってしまったというのが真実だと思う.

それで, 不二越会長の本当の意図というのは何かというと, 「その土地で生まれ育ってその土地のトップ企業に入って人生上がりだーなんて言ってるやつは外を見ないから, このご時世においては必要ない」と言うことなのだと思う. これならば納得出来るのではないだろうか. おれが入った日立製作所にも「日立はだんだんやばくなってるとは思うけど自分が定年する頃まではあるんじゃないかなぁ」みたいなことを言ってた人がいたし, 地方では例えば富山なら富山大学に合格すれば超エリートスーパーモテ期到来!!!みたいな世界らしいから, よりその傾向が強くても納得が行く. その一般論から説明のため例として, 富山県民の話をしただけだろうけど, なぜかそこだけを切り取って問題を強引に作り出そうというするのはおかしなことだと思う.

とはいえ, もはやそれがおかしいということも判断出来ないのだろう. 世の中には, 一般論と例をきちんと区別出来なかったり, A=>BからいきなりB=>Aを導いたりする論理破綻者がかなりの数いることをおれは社会に出てから知ったのだが, 実際にそういう人間が報道をしていると考えれば, 何の不思議もない.