読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

強くなってる

今日の筋トレだが

だった.

デッドリフトの最後にはシュラグを3発入れるようにしている. おれは僧帽筋への刺激がテストステロンを高めると信じている. なぜならば, テストステロンが高ければ僧帽筋が発達する. これは僧帽筋がテストステロン受容体が多いからである. では逆に僧帽筋を刺激すればテストステロンが高まるのではないか. そう考えるからである. このシュラグは僧帽筋を破壊する. 肩がぶっ壊れるのではないかというダメージがある. だけど, そういう心配自体が筋肉への刺激を弱めてしまう. 忘れろ. 壊れたらそれまでの人間だったということだと諦めろ.

実は, スクワットについてはもう1発くらいは出来る. デッドリフトも本気を出せばもう1発くらいは出来るだろう. 毎回, 少し余すようにしている. なぜかというと

akiradeveloper.hatenadiary.com

で説明したように, 筋肉を一気に収縮させてレッドゾーンを超えることが出来ればそれで刺激は十分だと考えているからだ. それで結果的に強くなっているし, おれはしばらくこの理論でやっていこうと思っている.

レッドゾーンを超えられるならば極論をいえば1発でもいい. しかしおれは, スピードが維持できる限りは続けるようにしている. なぜかというと, レッドゾーンを超えること「だけ」が筋肥大への唯一のシグナルとまでは考えていないからだ. 例えば, 筋肉を物理的に破壊することも必要なことだと考えているし, 疲労物質を溜めることも必要だと考えている. トータルに考えた結果, スピードが維持できる限りはやる, それ以上はやらないという戦略をとっているにすぎない. それに, 1発目でたまたまレッドゾーンを超えられていない可能性もあるので, 何発かはやった方が安心出来る.

このトレーニング方法は, スクワットとデッドリフトを一日に行うことを可能にするし, トレーニング後でも極度の疲労で何も出来ないということにはならない. 実際おれはトレーニング後にカフェに行きDeep Learningについて本を読んできたし, まとめ記事も書いた. こういう意味で, このトレーニング方法は社会人にとって特にオススメしたい.

筋肉は追い込まなければいけない. しかし「追い込む」というのは日本企業が解釈するところの「潰す」というのとは違う. ではなく, 「この一週間で筋肥大して強くならねえと次は殺される」と筋肉に脳に恐怖を植え付けることである. そうした上で十分な栄養と睡眠をとれば, 筋肉は肥大するのだ. 潰す型のトレーニングでも伸びはするだろう. だからそれが正しいと思ってしまうかも知れないが, おれは間違ってると思う. そういうトレーニング方法はいつか壊れるし, 伸びがいつかは止まってしまうのだ. おれたち社会人はボディビルやパワーリフティングの専門選手でも筋肉系ユーチューバーでもないから, 一日中飯を食ってるわけにはいかないし一日10時間寝るわけにもいかない. だからなおさら, 安全に向上し続けられるトレーニング理論を選択する必要があるのだ.

広告を非表示にする