テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

Overwatch: エイムアシストはハイセンシほど効果がある

CS版に特徴的な機能としてエイムアシストがある.

このエイムアシストによってパッドでのFPSは成り立っていると言っても過言ではない. マウスの場合, エイムアシストを仮に切ったとしてもある程度プレイが成り立つが, パッドではエイムがガバガバになる.

fpslovers.hatenablog.com

にも書いてあるが, 仮にエイムアシスト0の状態でマウス=10, パッド=5だったとしても, エイムアシストをつけるとマウス=11, パッド=10くらいまで近づいてしまうからマウスを使うと一方的に有利かというとそうでもなく, 実戦では位置取りとかリロードの問題, スキルのクールタイムなども加味されるから, 実際にはおれも結構撃ち負ける. この数値というのは感覚的には大体正しい. むしろ最近キルレが上がっているのは, ある程度遠くからでも撃てるという自信から不用意に相手に近寄らなくなったというのと, 単にマウスにしてからも何十時間もプレイしたから立ち回りがうまくなったということだけのように思っている.

おれはマウスでもエイムアシストは60だけつけてる. 原理的にいうとマウスとエイムアシストは相性が悪い. なぜかというと, マウスでエイムするということはマウスの動きとポインタの動きを連動させることなので, エイムアシストによってそれが阻害されると却ってやりづらくなる意味もあるからだ. しかし, CS版では指数ランプかデュアルゾーンの2種類しかなく, マウスの動きとポインタの動きは厳密にいうと正比例しない. 結局, 正比例しないのだから, あくまでも精度の良いスティックとしてマウスを使うという判断をし, 自分の感覚にとって極端に邪魔にならない程度にエイムアシストをつけているというわけだ. 仮にエイムアシストをつけないと, むしろパッドでやった方がエイムが良いくらいになる. それほどエイムアシストというのは強力な機能ということだ. もしエイムアシストがないゲームでマウスを使ったら, おそらく本当に無双出来てしまうだろう.

そしてここからが本題なのだが, おれはトレーニングモードでボットが何台かいる状態で, エイムアシストのあるなしと振り向きcmについて何回かやってみた. その結果, 以下のことがわかった.

  • マウスのDPIが800, in-gameセンシが100, エイムアシスト0の場合, 振り向き x XIM4センシ = 1200が成り立つ
  • エイムアシスト=100の場合, XIM4センシx, y (x>y)について, x * 振り向き(x) > y * 振り向き(y)が成り立つ. これはどういうことかというと, センシが高い時の方がエイムアシストが振り向きに与える影響が大きいということ

おそらくだが, エイムアシストのかかり方は,

  1. in-gameセンシに依って決定する
  2. どのセンシにも影響されない

のどちらかだと思う. 仮に1とすると, エイムアシストの恩恵を受けるためにはin-gameセンシを高くして, DPIを低くする方が理に適ってるということになる. パッドでもある程度センシを高くする方がエイムアシストのかかりが相対的に強くなるから, 操作出来る範囲で高くした方が理に適っていることになる.

マウスについていうと, エイムアシストはあった方がいいが, ありすぎても困る. 相手に合わせたあとに多少フィードバックをかけてくれればそれ以上のことはマウスで制御出来るので, 試行錯誤を繰り返して出来るだけ低い値に納得していくしかないだろう.