テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

スクワットを考える

スクワットをしゃがんだ時,

  • バーベルから腰までの距離: Lb (back)
  • 上腿の長さ: Lf (femur)
  • 下腿の長さ: Ls (shin)

として, バーベルを背負ったまま上腿を地面と並行まで下ろした時, 上体と上腿の角度P, 膝の角度Qとして, バーベルが足の真上にあると仮定すると,

Lf = Lb cos P + Ls cos Q

が言える. 3つの長さが固定値であるとすると, PかQの一方が決まるともう片方も決定するということになる.

腰にかかるモーメントは第一項Lb cos Pに比例し, 膝にかかるモーメントは第二項Ls cos Qに比例する. 仮に, 右辺第一項と第二項が等しいことが最適だとすると, PとQは決定する. 簡単のためこれを仮定しよう. この最適な割合は, 筋力バランスなどに依ると思われるが, Lfを二分割することは, 最適からそう遠くないと考えられる. (ある長さの紐で長方形を作る時, 面積が一番大きいのは正方形であるのと同じ理由)

この場合, スクワットに適した体型というのは,

  1. Lbが長い (上腿を倒さなくて済むため)
  2. Lfが短い
  3. Lsが長い (下腿を倒さなくて済むため)

という特徴を持っていることになる.

これがスクワットの面白いところで, 白人や黒人のように, 2,3を満たす場合でも1によって悩むように出来ている. 一方で2,3はないアジア人も1は持っている.

しかし実は上の説明は若干嘘であり, 2は克服出来る. 上の説明におけるLfは, 正確には横からみた時の実効距離であり, 実際の骨の長さではない. そしてこれは, 股関節の角度を広げることによって, 短縮することが出来る.

股関節の角度(片側)をRとすると, 実効距離Lfeは, Lf sin Rとなる. 改めて整理すると, 正しい式は,

Lf cos R = Lb cos P + Ls cos Q

となる.

Rの補正がどれほど強力なものか考察しよう. Rを広げすぎることは前後のバランスを崩すことになるのと, 股関節を痛めるからあまり広げられないとして, cos RはRが30度の場合は0.86くらい. 45度の場合は0.71程度なので, 民族差を超えることが出来る程度の補正が出来る(考えてほしい. もしあなたのスネが0.86/0.71倍になったらむっちゃ長いだろ). だから現実的なRの範疇で最適なものを選択することによって, Lfのハンデは克服出来る.

だからアジア人のみなさんに言いたい. スクワットをする時は足先の角度を45度に開けと. 足先を30度にするスクワットは, 欧米人にしか出来ない. 悲しい現実を受け入れるしかない.

広告を非表示にする