テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

(akashic report) 署名バージョン2を実装した

https://github.com/akiradeveloper/akashic-storage

土日の猛ラッシュによって, 山場である署名v2の実装を完了した. 土曜日一日かけて設計について考えて, 今日日曜日に一気に書いた. しんどい. 優秀な若者に参加してほしい.

これによって, Presigned URLが利用出来るようになった. Dropboxのshareの仕組みと同じで, URLを渡すことによってファイルへのアクセスを許可することが出来る.
この仕組みがあることがまた, akashic-storageがanonymousユーザをサポートしない理由になっている. anonymousユーザをサポートすることは, 実装が複雑になる分のコストとリスクを回収出来ない. akashic-storageをゴミにするわけにはいかないのだ.

mcを使うならば,

share     Generate URL for sharing.

shareサブコマンドを使うことで実現出来る.

しかし, 署名を実装した結果, mcでのバケット作成(mbサブコマンド)が失敗している. Amazon SDKを使ったテストはパスしているため, mcの署名アルゴリズムに何か間違いがあると考える. 試行錯誤の結果, パス部分に誤りがあると判断し, Issueを投稿しておいた.

github.com

つかれた. しかし好きだからやってるんだ.