読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

S3メタデータ

S3ストレージに格納したオブジェクトにはメタデータがつく. それは, k-vの構造をしている.

オブジェクトを作成したあと, メタデータをin-placeで変更することは出来ない. 全く新しいオブジェクトを作るか, 今のオブジェクトをコピーしてその時にメタデータを指定するかしかない.

メタデータは, システムメタデータとユーザメタデータに分類される.

システムメタデータは, 作成日時, 更新日時, ストレージクラス, データ暗号化方法などを指定出来る. ほとんどのデータはS3が内部的に持つものであるが, ストレージクラスやデータ暗号化方法については, 指定することが出来る.

ユーザメタデータは, S3ストレージとは全く関係なく, ユーザが対象オブジェクトに結びつけることが出来る. これはファイルシステムの拡張メタデータとほぼ等しい(もっとも, 拡張メタデータファイルシステムのユーザに積極的に使われるというケースはほとんどないが). ユーザメタデータは, アップロード時に他のヘッダと区別するため, x-amz-meta-プレフィックスをつける必要がある. (AWSでは)PUTリクエストのヘッダサイズが8KBで制限されていることから, ユーザメタデータは2KBに制限される.

広告を非表示にする