読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

(writeboost report) ライトブーストはDebianを目指す

Debian Linuxは, apt系の中でstableであることを重視するディストリビューションであり, この点でUbuntuとは対比的な存在である. プロ好みと呼ばれ, 私もDebianを好む.

最近, ドミトリー氏がライトブーストのライセンスやバグについてイシューを投げてきており, 調べるとDebianFSFのメアドが出てくるので, かなりOSSに精通した人物だということが分かる. なぜライセンスなどについて気にするのだろうか?と思っていたのだが, まさかこうなるとは... 予想していた中で最高の展開である.

彼はライトブーストの管理ツールをパッケージ化しようとしている. ITPというのはIntent To Packageの略であり, パッケージにしたいですという意味だろう. Upstream Authorの欄に私の名前が書いてある. なんと誇らしいことだ. テストステロンの圧倒的な高まりを感じる.

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=787854

現在は, 彼の作った管理ソフトウェアについてメールで議論しているところである. https://gitlab.com/onlyjob/writeboost

議論をしてみると, ライトブーストのことをかなり理解しているような印象を受ける. 実用上のトレードオフも考えた上で設計されており, 私は非常に気に入っている. 例えば, 彼のコマンドはシステムのシャットダウン時に必ずすべてのダーティをライトバックする. これは理論上は無駄であるが, 現実的には良い解法である. 仮にキャッシュが1TBとしても, 10MBでライトバックし続ければ100秒で終わる. サーバのリブートはそもそもが長いことが多い上に稀であるから, この程度は十分に許容出来る. 必ずライトバックする戦略は, volatileなデバイス名を指定されたがためにリブート時にキャッシュ構成に失敗した場合や, 間違ってキャッシュと組み合わせる前にfsckしてしまうなどのオペミスに対する堅牢性を得ることが出来る. ついでに, 初期化時のオーバーヘッドも希釈することが出来る. なんという好手だ.

プログラムはこれからレビュープロセスを経て, パッケージシステムに入る. それは長く厳しい道程ではあるが, 私は非常に期待している. 理由は以下:

本当にパッケージになってしまうと, 今より広く使われることになり, 私はきっとユーザフィードバックで忙しくなる. しかし同時に, 今よりさらに有名になるだろうから, 海外のジョブオファーに近づく可能性は高まる. というわけで, 今現在でも色々やってるので大変なのですが, しばらくがんばってみようと思います. Debianに入れば, rpm系のディストリにも入る可能性が生まれるし, アップストリームへの機運も高まる. 実はこれは壮絶なオポということです. 彼の会社でライトブースト広めてくれるかも知れないしね.