テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

(writeboost report) dmtsに全テストをポーティングする

この数ヶ月, writeboostのコミュニティ活動を停止していた.

理由は, 転職してから色々と忙しかったため(時間はあったんだろうが, 仕事の領域が馴染みないものであるため, 脳がexhaustedだった), コミュニティ活動に手を回すことが出来なかったからだ. plogの開発で手一杯だった(これは本当にHARDだった. ストレージカーネル開発は本当に辛い). この開発が終わり, 最近になってやっと, ドキュメントやスクリプトに手を戻すことが出来るようになった. そこで, そろそろ, コミュニティ活動に戻ろうと思う. 自分のプライベートを削り過ぎてるため, 実は, 3.16でのマージが出来ないなら諦めることを考えている. これが最後のひと頑張りと思っている. 100万円払えばマージしてやるよと言われたら速攻で払うくらいの気持ちがある. このソフトウェアのメンテナンスは本当に大変だから, 早くコミュニティに手を渡さないと私自身のキャリアを潰すことになる. 今のフェイズになって, 日本人からの貢献がほとんどないことに, 本当に幻滅している(kernelvmで発表したり, 散々広めたにも関わらずだ). この経験から, 私はいずれ日本を捨てると思う.

Anyway, device-mapper-test-suite(dmts)へのテストのポーティングはさんざん言われてるのだが, 無視してきた. 理由は, 自分のリポジトリスクリプトの方が小回りが効くからだ. しかしコードもテストも安定してきたため, ポーティングを開始しようと思う. すでに簡単なテストはマージしているが, あれはあくまでも味見的な意味であり, 本気で使う意図ではない.

https://github.com/jthornber/device-mapper-test-suite/issues/6

それに先立って, ジョーに質問をした. 仕事が一段落したので, 会社でちゃちゃっと質問したら, 帰ってきた頃には回答が来た. 今の会社は, オープンソース活動について阻むものがなにもないどころかむしろ推奨される. 質問と回答の要約は以下,

  1. Rubyアーカイブ置いていい?テストに使ってるんだけど -> いいよ. (1) lib/dmtestに直置きする. (2) gemに書く. どっちか選んで. (1)の方が早いからまず(1)でやろうぜ.
  2. createしてからremoveして再度createするみたいなテストがあるんだけど, これ出来る? -> 出来るよ. with_devレキシカルスコープを使って. eraのやつを参考にしてよ.
  3. writeboostは3つデバイスを使うことがあるんだけど, dmtsのconfigは2つしか定義出来ないよね?スキーマを再定義していい? -> やめろ!metadata_devは速いデバイス, data_devは遅いデバイスとみて, これをなんとかして使おう. この名前は, historicなものだ. TVMを使ってデバイスを切り出そう(carve up)

まじ辛いし吐きそうだけど, がんばる. まじお前らも手伝って.