テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

(writeboost report) 進捗

ミクラスのレビューへの回答, さまざまな野郎への回答が積み重なっていたので, 帰宅後にちまちまやっていては間に合わんと判断して, 年休をとって一気にやった. アメリカ土産の710mlモンスターもキメて, 一日中やった. 完全に疲れた. くらくらする.

http://www.redhat.com/archives/dm-devel/2013-October/msg00036.html
まず, マイクに回答した. しかしマイクのコメントを良くみると, "unfortunate"とは書いてあるが, 「このhackをやめろ」という感じではなかったかも知れない(しょうがないというニュアンスだったかも知れない). にも関わらず「このhackは必要なんだ」というニュアンスで返したことは「いきなり何?」だったかも知れないが, 客観的な論理を述べているだけなので, さほど問題はなかろうと思う. 複数の層にわたって同じような問題に対して同じような解決案を出していることをまとめることが出来た. また, 提示されたパッチに対しての理解も示すことが出来た.

http://www.redhat.com/archives/dm-devel/2013-October/msg00037.html
次にミクラスへの返事を行った. 返事は, デーモンのポーリングに関するものである. migration daemonをwakeupさせればいいよねとシンプルな解に帰着させようとしている.

http://www.redhat.com/archives/dm-devel/2013-October/msg00038.html
最後に, ミクラスのレビューへの完全な回答を行った. ロックやproducer-consumerに関する設計の簡単な説明と, バリアの追加案を示した. メモリバリアについては理解が薄いので, 間違っている可能性がある. エラー処理については, 設計案を示した. 新しいデーモンを追加して, エラーをキューに突っ込んでもらう形で, デバイスエラーを収拾し, writeboostデバイスの停止(dead)/再開をユーザから受け付ける. 1回のI/Oリトライだけは許してくれということは書いておいた. たぶんこれは必要だと思う.

これから, まだ仕事を続ける必要がある. 本当に忙しい. でも, ライトブーストは多くの人に期待されていてやりがいがある. XFSのヘルウィグも議論に参加してくれてるし, ファイルシステムとかブロックを交えた, ストレージシステム全体の設計議論を巻き起こすことが出来れば良いと思う. そういう大局的な仕事は, きっと僕は得意だから. 僕にはなにかシックスセンスのようなものがある. 直感的に正解が見える. 誰一人として無意味に保守的でなく, 全体解として良いものに向かっていくモチベーションが明らかにあるから, やっていて楽しい. かなり辛いフェイズではあるけど, 一ヶ月くらいで決着つけると思えば, やる気も続く. イギリスで彼らにあったらF2Fで議論をしたいと思う. 彼らも, ライトブーストのAkiraってどんなやつだ?ってことは少しくらい気になってはいるはずだ.