テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

(writeboost report) FLUSHのdeferringに関するコメまとめ

この前のデイブによる「xfsでも同じようなことしちゃってるよ, device-mapperで余計なことしないで?」コメ(http://akiradeveloper.hatenadiary.com/entry/2013/10/05/173013)の続き. これは収束しないね. volatileなメモリを使ったストレージシステムは悪いという結論にしかならない. 全永続化しか解決手段がない.

http://www.redhat.com/archives/dm-devel/2013-October/msg00022.html

  • いや, 下層が担保した方が色々なところで使いまわせるじゃん
  • それに, 永続メモリ手に入れば, writeboostは無敵になるよ. そしたらfsでの最適化は要らなくなる.
  • とはいえ, 現状を考えると, この最適化をoffに出来るスイッチが必要かもね. Linuxのレイヤアーキテクチャはパーフェクトじゃないから. O_DIRECTとかもあるでしょ?ページキャッシュも常に最善というわけではない. バイパスする仕組みは必要だと思うよ.

http://www.redhat.com/archives/dm-devel/2013-October/msg00029.html

  • それはバッテリーバックアップみたいなものだね. 言いたいことは理解した.
  • "we could do this in future so lets ignore the impact on current users"という論理は微妙だね.
  • ところで, 色々なユーザがFLUSH deferringに関してさまざまな期待をしたら, ある人はhappyだけどある人はunhappyになったりしない?

http://www.redhat.com/archives/dm-devel/2013-October/msg00031.html ここでヘルウィグ(http://rechner.lst.de/~hch/)が登場. xfs界に異常者がいると聞いてたけどこの人かな. ファイルシステム界, 異常者多すぎないか(e.g. Hans Reiser).

  • どういう場合にFLUSHやFUAのdelayが良くなるのか教えてくれ. xfsから発行するコードを修正することで対処出来るかも知れない.

これは良い.

おれ
http://www.redhat.com/archives/dm-devel/2013-October/msg00032.html

  • ファイルストレージにマルチユーザでアクセスして, FLUSH発行しまくった時に良くなる.

最後にマイク
http://www.redhat.com/archives/dm-devel/2013-October/msg00035.html

  • "block: reimplement FLUSH/FUA to support merge"というパッチが君のやりたいことをやってしまっている. unfortunate hackだ.

いや, fsでもやってるしwriteboostも(dm-cache, dm-thinも), blkもやってるってどういうことですのん. そこでパッチ(http://git.kernel.org/cgit/linux/kernel/git/torvalds/linux.git/commit/?id=ae1b1539622fb46e51b4d13b3f9e5f4c713f86ae)見たけど, 話は少し異なるかも知れない. これならばco-exist出来ると思う.

最近, コミュニティからどんどん叩かれていて, キャパを超えてしまっている. 今日は会社を休んだ. 今たまっている(社外の)仕事をすべて処理する. おれなら出来る. どれも決して, writeboostをリジェクトしようということではない. むしろ, 叩いて良くしようという気持ちだし, もしかしたら新星の如く現れたおれという開発者への興味もあるかも知れない. 優秀な人は僕のこと好きだから. とはいえ, 今日思い切り走ったらしばらくはお休みしたい. 疲れた. 710mlモンスターの出番かも知れない. 厳しい戦いになる.