テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

(dm-lc report) マイクからメール拝受した

今は6AM, 朝起きてメールを見るのが楽しみだ.

今日はマイクからメールを受け取った. マイクは, LinkedInで調べると, RedHatのPrincipal Software Engineerとなっている. http://www.linkedin.com/in/mikesnitzer 早い話が, 超絶カーネル野郎だ. 昨日, resume_cacheをクリーンにする方法が分からない. 「You Guys, アイデアある?」みたいなメールを放り投げてから寝た. それに対してと, dm-lcの本質的なコードレビューだろうか?サブジェクトからはそう読める. 実はまだメールを読んでいない. 早速読んでみようか. 長いw

http://www.redhat.com/archives/dm-devel/2013-July/msg00150.html

うーん・・・言ってること間違ってる気がするな.

  • DMデバイスのctr/dtrを行なっているわけではないよ, resume_cacheは. DMデバイスによって作られるキャッシュデバイスが共有するキャッシュデバイスを作っているだけだ. .resumeかと思ったわ, から始まって混乱してるな.
  • sysfsがexcessive?.statusなんか使いたくないよ. ちょっとは使っているけど. 統計情報とかはstatusに入れている, しかし, 制御のための情報はsysfsに入れている. この切り分けをしているよ.
  • per-DM-device sysfs namespaceを作ることは出来るが, DM coreに手を入れないといけないと書いてある. No. おれは, それが嫌だから, モジュール本体のsysfsの下にデバイス番号とかキャッシュ番号の空間を自分で構築している.

結局, 主に想像でコメントされてしまった. 会社だったらこの時点でプロジェクト終了だが, coming weeksにformal reviewのための時間を作ってくれるということなので, そこでの挽回を期待するしかない. たぶん, ちゃんと読めば理解出来ると思うんだよなぁ. 並行して, 理解を助けるためのドキュメントも作るべきか. 「dm-lcの初期化について」みたいなスライドを作ろうか.

形勢が悪い... とはいえ, 進展ではある. 突破口は開けていて, ゴールは「マイクにちゃんと理解してもらうこと」なので, 一気に攻め取る. 会社のLinuxグループから投稿するなら, まず内部でコードレビューかかるから楽なんだろうけど, おれとか, 現時点でこのコード完全に読んでるのおれだけ状態だから, かなりハンデあるが, おれなら, 単騎でも勝負になる.