テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

(dm-lc report) dm-lcのRFCが投稿された

dm-lcが, upstream化への第一歩を踏み出した.
http://www.redhat.com/archives/dm-devel/2013-July/msg00070.html

眠い. 全く寝ていない. 4連休のうち2日をフルにdm-lcにつぎ込んだ. そしてこれがおれの成果だ. おれの開発者としての人生がまた少し前に進んだ気がする. dm-lcは, おれの20台の中では最高のソフトウェアと言ってよい. 20台最高のソフトウェアは30台最高のソフトウェアに繋がる. こうしておれは一歩一歩高みに近づいていく.

昨日いっぱいを推敲に使い, 今日の0:30にdm-develに投稿した. しかし投稿された気がしない. なぜかおれよりあとに投稿したであろうやり取りがなされるのを眺めている. なぜだ. 考えると眠れない. 3時に寝たはずだが4時には目が醒めた. 4時から調査を開始して, 5時に同じ投稿をもう一度送った. その後5:30に管理者に対して「なぜだ」というメールを送った. 返答は7時に返ってきて, その答えは「メールがスパム扱いされたのでモデレータのapprovalが必要だったから」「二番目のメールは削除しておいた」であった. 以前に投稿したblktraceのパッチもまともに読まれている気がしなかったしたぶん届いていなかったのだろう. 呪われてるのか?あれは結構良いと思ったのだが...

とにかく, 結果的にdm-lcのRFCメールは投げられた. あとは, 大歓迎のコメント(賛成批判に依らず)に淡々と返信するのみである. クリアな議論をすることには自信がある. 余裕だろう. dm-lcのupstreamingに全力を尽くす. 3.12か3.13での即時マージを狙う. とろとろやるのは趣味じゃないから. 一気にやるのが好きだ.

dm-develの仕組みについてメモっておく.
1. 設定画面の, メールを送ったらそのコピーをもらうというのは, DefaultがYesになっているが, dm-develのサーバに届いた時点でcopyが送り返されるので, ほぼ何の意味もない.
2. 設定画面の, 承認されたらACKを返すというのは, 本当に投稿が受理されてメンバに届いたことを確認出来る. 私の場合, ACKが返ってこないことから, 管理者にメールを送る理由を得た.
3. 投稿が受理されたら即座にArchiveされる. Archiveされているかどうかがまともに投稿が処理されたかどうかの基準となる.

以上. 今日はまともに休もうと思う.