テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

PumaのMobiumを買ったった

Mobiumとは, Pumaが開発した新しいランニングシューズである.

こちらが公式である. http://www.puma.com/mobium/

youtubeでは例えば, 以下の動画を見れば, 欲しくなるはずである.


Introducing Puma Mobium - YouTube

最近, ランニングを始めた. それは健康のためであり, モテのためである. 私は大学ではパワーリフティングをしていたが, 中高まではスプリンターであった. 従って, これらの目的のためにランニングを選択することは自然である.

当初, 高校生の時に履いていた靴を使っていたが, これがひどくオールドタイプであり, それだけならまだ良いものの, かかとあたりに穴が開いている. これでもランニングするだけなら問題がないかも知れない. しかし問題はモテである. ださい靴を履いていたら, たまたま出会ったかわいい女子高生に, みすぼらしい貧乏人だと思われるかも知れない. モテは足元から. 私はMobiumを買うことにした.

最新のランニングシューズはたくさんある. Nike, New Balance, Mizuno, Asics, どれも悪くないメーカーだ. 彼らは競ってシューズ開発をしている. しかも私はPumaの靴は履いたことがなく, 適応の未知数である. ランニングシューズというのは, メーカーによって適応不適応がある敏感なものである. それはサイクリングでいうサドルに似ている. 例えば, この前ドーピングでタイトルのすべてを剥奪されたLance Armstrongは, コンコールライトというサドルを気に入って使ってたことで有名である. しかし私の骨盤はこのサドルを受け付けなかった. Pumaへの適応は未知数であるにも関わらず私はPumaのMobiumを選択した. なぜか.

私はUsain Boltの, まるで豹のような走る本能に憧れた. 大きな身体と筋肉をフルに使って一気に加速していくBoltの走りに憧れない男はいない. Jamaicaの選手とUSの選手の走りを見比べて欲しい. 野生 VS 緻密という構図が分かるだろうか. USの選手に比べたら, Asafa Powellなど, 才能だけで走っているようなものである. もう一度, 冒頭のビデオに戻ろう. そこには豹が走っている. Mobiumのコンセプトは着地における動物的推進力である. 馬や豹といった動物が, 身体を伸縮させて走っているのは有名である. この靴の原理もそこにあり, 靴のサポートによって, しっかりと地面からの反発力を利用して推進することが出来る. 私の走る姿はまるで豹である.
また, トーニングの原理も導入されており, 靴の前半がアーチしている. どうやらこれによって, 足の運びが自然になるように矯正されるらしい. 変な靴を履いて歩こうで, 変な靴を履いてウォーキングしていることを発表したように, 私は奇妙な靴を履くのが好きらしく, この点でもMobiumに惹かれたというわけである.

購入したのは, 横浜西口のABC Martである. 店員はランナーなのか, 靴の仕組みについて詳しく説明してくれた. 購入すると, 袋が2つプレゼントされた. 靴入れである. Pumaをご購入のお客様にプレゼントらしい. もしMobiumを買うならば, ここがオススメである. これが私の新しいランニングシューズだ.

f:id:akiradeveloper529:20130512084340j:plain

使ってみた感想については後日書くことにする.