テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

Overwatch: バスティオンの強化について

シーズン4が始まりましたね. 認定マッチはずっとバスティオンを使って8勝2敗でした. おれはずっとソルジャーかマクリーを使ってたけど, バスティオンをDPSロールとして使っていこうと思います.

シーズン4の開幕とともに行われたのはバスティオンのbuffでした. おれの感想を述べます.

www.gamespark.jp

  • 歩きながら回復出来るの強い: 基本的にバスティオンは中距離レンジから攻撃するので被弾し続けるということはなく, ちょこちょこ食らって死ぬというのがよくある死に方でした. もともとバスティオンの回復は止まりながらしか出来なかったため, ファラなどに狙われると回復量が追いつかず, 大抵は死んでました. もちろん逃げてもそのまま追撃されるだけなので死んでました. だけどこの修正によって「回復しながら逃げる」ということが出来るようになって, 生存率がかなり高まりました. これは通常の戦闘時にもちょっと食らった分はすぐに修復出来るので, ほとんどの場合はライフ300を保ち続けることが出来て, 死ぬとすれば豚に捕まったり, 足が遅いのでD.VAやマクリーのULTから逃げられなかったりとか, 一撃で死ぬ系でしか死ななくなりました.
  • 偵察モードが強い: 偵察モード時の拡散が減ったので, かなり遠くの敵でも大きなダメージを与えることが出来ます. おれの偵察とセントリーの使い分けは, 明確に集団に撃ち込む・盾やタンクを壊すという時でなければ常に偵察モードを使っています. 拡散が小さいため, エイム力が要求されますが, 逆にいうとソルジャーでタップ撃ちしてた人やマクリーでちゃんと当てれるだけのエイム力がある人は, DPSとしてバスティオンを使うと活躍出来そうです.
  • セントリーモードはかなり弱くなった: 残念ですが, バスティオンの芋り戦略は変わりそうです. 今まで, 強ポジで芋ってセントリーモードでひたすら撃つというのがバスティオンのロールでしたが, これはもう使えないという印象. 歩きながら回復も出来るため前の方で戦ってもいいということと, 常に拡散マックスでヘッドショット判定もなくなったため, 芋る意味がなくなりました. 中距離以上では前に比べて1/2以下では?ってくらいダメージが減っていて, そういう場合は偵察モードを使って戦う方がDPSが出ると思います. (偵察モードはヘッドショット判定もありますし)

バスティオンはかなり強くなったので, 特にソルジャーをピックするくらいであればバスティオンをピックした方が良いんじゃないかなと思う.

他の修正についての感想をざっと:

  • タレ爺のタレット強化(ダメージ10->12)が本当に痛い
  • 豚はフックのクールタイムが長くなった(6s->8s)はずなのにまだ強い

(writeboost report) Sorry, 2.2.7 will not be available very soon

Hi, Writeboost funs.

I’ve announced I will release 2.2.7 or 2.8.0, what ever the new release after 2.2.6, once Linux kernel 4.10 is released but I didn’t do any work on that. Sorry for inconvenience.

The reason is that my work, I mean as a full-time engineer in a startup company, is very busy right now. I have lots to do about the storage software including fixing bugs and designing and implementing new features. I have no any spare time to do Writeboost works.

The business will definitely continue in March. So it will hopefully be in April that I can release the new version. Please wait some while.

Thanks,
Akira

光インターネットに失敗し人生に失望した

おれは今日という日を待ちわびていた. LAN回線方式ではあるが, 数十Mbpsは安定して出せるであろうインターネットが我が家に来る!pingは10ms!これでランクマシーズン4は回線負けはしない!キル!キル!

だが気づいた時・・・キルされていたのはおれ自身だった.

工事のおじさんが何やら苦戦してるのは見ていてわかった. どうやらLANケーブルがなかなか配管の中を通らないらしい. そして最後に彼が言った言葉はこうだった「すいません. なんかここに配管が通ってないみたいなんで工事出来ないです. 契約した会社から数日中に電話があるのでよろしくお願いします」そして彼は去っていった.

そんな重要なことを言うのであればもっと根拠が必要だと思うし, それを提示されないのに一方的に工事を打ち切られたため, これは何かの詐欺ではないかとすら疑った.

期待していた快適な環境が手に入らず, おれは呆然としたが, すぐに立ち上がって別の方法を探した.

1つ目はNuro光だ. 2/22に7階建てまでカバーし始めたため申し込むことが出来た. ただ, これから大家さんの許可がとれるかどうかは分からない. とりあえずマンションに入ってる会社のではダメだったということは主張したい. 賃貸の場合, 大家との交渉が成立していない場合, 工事が出来ないというルールらしい. (正確にはしてもいいが後で揉める)
2つ目はフレッツ光だ. VDSL方式ならば回線工事不要なはずだから, フレッツ光がこのマンションにVDSLを入れていないかを調べた. しかし結果はダメだった. このマンションはギガマンションタイプというのに入っていて, 光回線方式でしか接続出来ない. LAN回線方式でダメだったのだからたぶん光回線方式でも同じく配管問題で詰むだろう. しかし一応, 問い合わせはしてみるつもりだ.
3つ目はWiMAX. ルータをホームルータに変更すれば多少は安定するはずと読んで, L01という最新のホームルータに変更しようと考えた. これは運が良くて, ちょうど今月が22ヶ月目で, ホームルータはただで手に入った. しかも問い合わせたところによると, 仮にすぐWiMAXをやめてもホームルータを返せばいいだけで, お金のペナルティはないらしい. ちなみに今使ってるのはW01という機種だが, かなり古いものなので, 新しいものにすれば少しはマシになるというのは案外当たってるかも知れない.

仮にNuroがいけるならば, これで工事したい. それまではWiMAXで凌ぐ. Nuroは引っ越しの時もわかりやすい. 一度解約して再度契約することになる. ただ, Nuroは外壁に色々と装置をつけるため, 引っ越しの時にはこれを撤去せよと言われるとそれはそれで鬱陶しい. そういう意味ではフレッツで契約出来るのが一番楽っちゃ楽という見方も出来る.

歯列矯正: マウスピース型リテイナーをやっている

歯列矯正は2つのフェイズで成り立っている. 1つ目は歯を動かすフェイズ, 2つ目は歯が戻るのを防ぐフェイズ. 攻めの次に守りがあると考えるとわかりやすい.

現在, 1つ目のフェイズには概ね2つの方式がある. 1つ目はブラケットとワイヤーで動かすタイプ. 2つ目はマウスピース矯正. おれは1つ目にあたる「デーモンシステム」という方式で矯正を行った.

マウスピース矯正というのはさらに新しい手法で, コンピュータによって計算されたマウスピースを2週間毎に変えていくことよって, 歯を動かしていく方式だ. こちらは代表的なものとしては「インビザライン」というものがある. コンピュータはシリコンバレーにあり, ここに歯型のデータを送るとマウスピースが送られてくる. 以下の記事は, 3Dプリンタを使ってインビザラインを真似たというものであるが, 彼の歯列がもともと悪くなかったこと・単に見た目の問題だったこともあり, 自分で出来てしまったということだが, ほとんどの場合はふつうに矯正医にかからないと取り返しのつかないことになる.

news.aol.jp

1つ目のフェイズが終わると, 今度は歯が戻る(後戻りという)のを防ぐフェイズに移る. ブラケット&ワイヤーでもマウスピースでも変わらない. なぜかというと, 歯を動かす共通原理に拠るものだからである.

なぜ歯が動くのかというと, もともと固定化されていた歯槽骨に力を加えることによって歯槽骨を柔らかくしてその中で歯を動かすからと大雑把に説明出来る. だから, 1つ目のフェイズが終わった段階では歯槽骨は柔らかいのだ. もしこの時点でブラケットを外してハッピーエンディング!としてしまうとどうなるかというと, 柔らかい歯槽骨の中で歯が動いてしまう. これはものを噛むことによっても起こるし, 口内の筋肉バランスによっても起こる. 歯列を大きく変更した時, 必ずしも口内の筋肉はその歯列にとって自然なものではなく, 従来の歯列由来のものを引きずっている. だから, 「歯槽骨が固まるのを待つ」「筋肉バランスが整うのを待つ」ことを目的として歯の固定(保定)を行う.

新陳代謝サイクルは骨で90日, 筋肉で60日程度だから, 理論的にもこの程度の期間は歯が後戻りするリスクが高い. これに安全係数をとってブラケットオフから半年くらいはご飯を食べる時と歯を磨く時以外はずっと保定装置をつけなければいけないのが通常のようである. その後は寝ている時だけなど, 緩和されていく.

保定装置にはいくつか種類がある. 私はこのうちマウスピース型を上下ともに選択した. この方式の最大の欠点は虫歯リスクが高いことである. マウスピースをつけっぱなしにすることによって, 歯の周辺の唾液の流れは遮断される. 従って, マウスピースをしたままオレンジジュースを飲んでそのままにしてしまうと虫歯のリスクが上がる. だから, ご飯を食べたあとにも入念に歯磨きをしてからマウスピースを装着する必要があるし, マウスピース自体のケアも入念にする必要がある.

この欠点を除けば, 他の保定装置よりもほぼあらゆる面で優れる. マウスピースは透明だから, 見た目はきれいだし, 歯列全部を完全に固定することが出来るため微細な後戻りすらも防止出来る. 寝ている間のナイトガード(歯ぎしり防止用マウスピース)代わりにもなるだろう.

実際のところ, 一日中つけっぱなしを何ヶ月続けるかということはまだ宣言されていないが, 半年や1年程度であればさほど苦痛にはならない. なぜならば今までブラケットをつけたまま2年間過ごしてきたわけだから, それに半年や1年積み重なっても影響は瑣末だ.

矯正の第一フェイスが終わりに近づくと, 保定装置をどうするか決断を迫られるかも知れない(医院によっては勝手に決められるかも知れないが). その時の判断基準になれば良いと思って筆をとった.

Raft: State Machineがエラーを返す場合はどう考えるか

Raftアルゴリズムに関する議論はGoogleグループのraft-devで行われている. 質問したいこと・議論したいことがあるならばここに投稿する.

先日, おれも投稿した.

https://groups.google.com/forum/#!topic/raft-dev/Sb_w0BqCmAE

質問内容は, State Machineがエラーを返す時はどうすりゃいいかだ.

Is it possible to use Raft algorithm with state machine that may returns error when applying a log?
I am implementing Raft application but the state machine may need to return error when applying log, which I should then return it to client. If this happens, the result of applying logs may diverse across nodes in the cluster; if some node fails with the log but other doesn’t.

本質的な質問だったため, なかなか面白い議論を生んだ.

Thanks for asking the question. As you can see, it wasn’t a trivial question and answering it provoked an interesting discussion!

内容はまとめないから読んでみてほしい. RaftにおけるCommit/Applyについて, 論文に書いている以上の知見が得られるはずである. 以上

ドワンゴがRustで分散ファイルシステムを作っているらしい

gihyo.jp

ドワンゴ分散ファイルシステムを作っているというニュースを見た. しかもRustで. ニュース以上のことも知りたくなったがツテがないし, あったとしても教えてくれるわけがないので外側から推測することにした.

実は分散ファイルシステムも独自に開発しました。もともと既存のオープンソースファイルシステムを使っていたのですが,それだと期待する性能が出ないことがわかり,独自に調査開発を進めることにしました。

Rustという言語で,ガベージコレクションがなく,C++にメモリ安全性の機能を付加したようなものです。ニコニコの動画・生放送の配信基盤開発ではErlangを使うことが多いのですが,レイテンシを細かく制御したい分散ファイルシステムの分野では,どうしてもガベージコレクションが気になってきます。たしかにErlangガベージコレクションはすごく優秀ですが,自分で制御したほうが安定して予測した性能を出しやすく,またデータ構造を工夫することで消費メモリサイズも大幅に削減できるので,ガベージコレクションのないRustを選択しました。Rustは低レイヤのリソースを直接操作するような領域にも強いので,将来的に検討している,ブロックデバイスを直接制御するような場面でも有効だと考えています。

太田氏(sile)のGithubを見ると, 関連してそうなリポジトリが出てくる.

おれの想像するに, いきなりRustで作ろうということになったのではなく, 最初は実績のあるErlangで作っていたが上に書いてあるようにGCがどうとかいう話になり, じゃあRustにしましょうかということになったのではないかと思う.

そもそも動画配信基盤用でファイルシステムが必要なのか?という疑問はあるが, ファイルシステムだとしてもPOSIX準拠ではなくて不必要な仕様は全部取り除いた特化型ファイルシステムということではないだろうか?例えば, 上書きみたいなことはしないだろうし, 想定ワークロードは極端なread manyだろう. フラッシュ命令についてもかなり要件は緩和されるはず.

ドワンゴのエンジニアはレベルが高いから, こういう重要なところで良い決断が出来る. もともとErlangのバックグラウンドがあったから,Rustにもすぐに入っていけたということだと思う. gihyoの記事はあまり面白くないものが多いが, この記事に関しては感動した. エンジニアリングの大勝利感がある.

ぜひ, オープンソースとして公開してほしい. 読みたい.

歯列矯正ブラケットを外しました

akiradeveloper.hatenadiary.com

からちょうど2年かかったが, さきほどようやくブラケットを外すことが出来た. あとでリテーラーを受け取って, それを1年半つける予定だ.

f:id:akiradeveloper529:20170224135351j:plain

おれが矯正を始めたモチベーションなどはこのブログで"矯正"で検索すれば出てくるがざっくりいうと

  1. 日本の歯科医は信用していない: なぜならば低学歴すぎるから. 歯科医は儲からない職業になっており, 優秀な若者が歯科医を目指さなくなっている. 従ってこれから日本の歯科医療はどんどん質が悪化する. 歯科医は技術があれば学歴は関係ないというかも知れないが, 技術を学ぶのもある程度の頭の良さは必要. 早いうちに信頼出来そうな矯正医にかかって矯正をしておくことで将来の歯科治療リスクを減らすことが出来る. また, 将来的に海外に移住する場合でも, 歯科治療費は高いので将来的にかかる費用を減らす意味がある.
  2. 見た目の問題: おれは歯列が美しい女性が好きだし, 自分自身もそうあるべきだと考えている. また, 外国人は歯列のきれいであることを重視する. 根暗なディベロパではなくコンサルタントなど人間に接する仕事を始めた場合, 好印象を持たれることが大切となる. 結果として, 歯列が年収に影響してくると考えている.
  3. 運動能力・知能を上げるため: まず運動能力については歯列矯正を始めた山縣選手が記録をぐんぐん伸ばしていたり, 矯正をするアスリートが多いことからも明らかに影響がある. これは噛みあわせが良くなることによって身体のバランスがよくなり, 力を発揮しやすくなったり, 怪我をしにくくなったりするためだと考えている. 知能についても同じだと考えている. これはまず, 身体が万全であることが脳を効率良く働かすための大きなファクターだということと, 顎が安定することによって脳が安定するからだ. 実際に歯列が良くなってから, 安定したスクワットをやれているし, プログラミングをしている時の集中が深くなった. 噛みあわせはFPSにおけるエイムにも影響するだろう.
  4. 結婚のため: おれはこのままだとまじで生涯独身となる. 歯列が悪いから結婚が出来ないのだと考えた. 恋人募集!!!

この記事では, 歯列矯正をやろうかと思ってる人たちにアドバイスをする.

親知らずがあるならば抜いてからはじめろ

おれはもともと1年3ヶ月でブラケットオフ出来る予定だったし途中までは歯が良く動いていたのだが, 結局2年かかった. この原因はおれが親知らずを残したまま矯正をする決断をしたことにある. これは将来的に歯を失った時の移植などに使ったり, 再生医療に応用出来る可能性を見込んでのものだったが, 結果からすると最初に全部抜いておくべきだった.

半年くらいほとんど歯が動かない期間があったのだ. これは親知らずが奥にあるためブロッカーとなっており, うまく歯が動いてくれなかったためだ. 結局, ブラケットをつけたまま親知らずを抜くことにしたのだが, ブラケットをつけたままの抜歯はふつうの抜歯より難易度が高くなる. 例えばブラケットの破損などがあり得るから慎重に抜くことになる. 慎重に抜こうとするとなかなか抜けないから時間がかかる. だから, どうせ抜くならばつける前に抜いた方がいいのだ.

矯正を始める前には虫歯の全治療は当然として, 親知らずも全部抜いてしまい, 不安を全部解消した方がいいと思う.

デーモンシステム最高

おれが矯正に踏み切れたのは, デーモンシステムという最新の矯正技法が大変気に入ったからでもある. おれの場合, 上顎のアーチが小さいために不正咬合を起こしてるというのが主訴だったため, これを解決するためにはアーチを大きくする必要があることは明らかだった. デーモンシステムというのはまさにそういう発想で, アーチを自然に拡張しながら歯列を改善していく.

www.youtube.com

この技法のメリットは, 歯にかける力が従来法よりも小さいことだ. 歯に大きな力をかけて強引に歯を動かそうとする従来法は, まず痛いということと, もう1つは歯根吸収の危険性が高まる. おれは30歳で歯列矯正を始めた. おそらく歯根吸収は原理的にいって成人矯正の方が起こりやすいと考えていたので, このリスクが低いデーモンシステムは魅力的だった.

虫歯には絶対になるな

歯列矯正をするのであれば, 歯は死ぬ気で守れ. 何よりもこれを優先しろ. コーラをやめろ. チョコをやめろ. スナックをやめろ. 糖質をやめろ. その覚悟がないなら矯正をやめろ.

これはまじで重要なことだ. 虫歯になると, 治療のために場合によってはブラケットを一度外すことになる. 矯正医はもう一度つけ直すと言うかも知れないが, 全く同じ位置につけ直すことは人間には不可能だ. そして, ほんの少しのずれであったとしても仕上がりには間違いなく大きく影響してくる. (バタフライエフェクト) 特に, デーモンシステムではブラケットの位置がコンピュータによって綿密に計算されている. だから, その理想形を破棄したくないならばブラケットは一度も外さない覚悟が必要となる.

ただ現実的には, 2年間のうちにおれも何回か前歯のブラケットが外れた. これはふつうに生活していればしょうがないことだ. だけど虫歯の治療で外したことは一度もない. そこで参考までにおれがどうやって歯のケアをしたかを教える.

まず, ブラケットをつけた状態で歯磨きでどうにか出来るという幻想を捨てろ. 絶対に無理だ. 費用対効果の問題ではなく不可能なのだ. (だって糸ようじだって出来ないんだから) だからポイントを絞って歯磨きをして, あとは化学の力に任せろ.

ポイントを絞るというのは,

  1. ブラケットの周りについたカスは電動歯ブラシで除去しろ
  2. 歯間は完全にクリーンしろ
  3. その他はざっくりでいい. 諦めろ

電動歯ブラシはこれを使った. ブラケットの周りについたカスは超音波で吹き飛ばす.

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6520/50

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6520/50

歯間はこれでやった. 会社にいる時などはちまちま歯間ブラシをつかったが, 家では常にこれを使った.

化学の力というのは, フッ素と再石灰化だ.

海外のトータルケアにはフッ素が入っている.

まずはこれで洗口したあとに, MIペーストを塗る.

spotlight-media.jp

フッ素は必須だ.

MIペースト|その他ケアグッズ|製品情報|歯とお口の健康情報サイト

成分のCPP-ACP(リカルデント)はフッ素との併用でより効果が高まりますので、フッ素配合歯磨剤でのブラッシング後に使用していただくとより効果的です。

矯正しようと思ってるけど迷ってるという人がいたら, 連絡してほしい. 矯正歯科の紹介もするし, さらに深いアドバイスも出来る.