読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

Overwatch: 魔境なう

Placement Matchの結果, おれはSR1300あたりでブロンズに入れられてしまい, 今日は8時間くらいプレイしたが抜け出せる気が一切しない. おれがもっと圧倒的に上手ければ単独キャリーも出来るかも知れないがそれは現実的ではなく, チームで勝つ必要がある. しかし, 個々が下手という前の話として, チームプレイをそもそも放棄する人が多く, チームとして成り立つか成り立たないかで極端に触れる. もちろん成り立たない場合は圧倒的な速度で負けることになる. だから, 勝つか負けるかはほぼ運ゲーとなる.

キッズが単騎特攻する -> 残りが5人になる -> 死ぬ -> 単騎特攻したやつはリスポーンしてまた死ぬ -> 5人の中から単騎特攻野郎が生まれる -> 詰む

みたいなことが起こると萎える. 全くエイムががばがばという人はほぼいないのだから(マッチされる人のレベルは☆ありが多い), 単騎特攻したら確実に溶かされることは分かるでしょう. そんなの, ダステルボックスなどのスーパープレイヤーだって無理だ. うまければ成功する確率は高くなるかも知れないけど, 6人で協力して地道に進めていく方が確率は高いに決まっている. ではなぜ特攻してしまうのか・・・

あとは, 謎のスナイパーピック・・・

という現象はおれだけでなく他の人も認知していて, 「魔境」ないしは「沼」と表現する. 一回堕ちたが最後上がることはほぼ不可能というわけだ. 実際, なぜあなたはなぜブロンズにいるのという人もいたりして, あれだけうまくても勝ち越していくことは出来ないと絶望している.

ライバルプレイの魔境で勝てない - 人生はFPSゲーム。時々哲学。

【オーバーウォッチ】魔境脱出者「魔境を抜けられるかは完全に運」|PS4速報!

かなり疲れてきた. オーバーウォッチやめて他のゲームしようかな・・・

Overwatch: 照準を白ドットにしてみた

照準の形をどうするか色はどうするかというのは, どれが最強で常に議論されている. そしてどれも不毛だ.

www.youtube.com

Surefourは世界最高のオーバーウォッチプレイヤーだ. 彼は白ドットを使っている. 従って白ドット以外を使う理由はない.

「エイムは照準を合わせる操作ではなく, 画面の真ん中に相手を持ってくる操作だ」ということは何度も言ってきたが, 白ドットにするとこの基本が出来ていないとエイムはがばがばになる. なぜならば白ドットは敵がごちゃごちゃいるとほとんど見えないからだ. 実際におれは以前白ドットにしてみたことがあったがまじで危険だったので結局ショート照準の水色でしばらく落ち着いていた.
ドットを使うにしても見えやすい黄緑がいいという人もいる. ドットを使うとヘッドショットを意識しやすいというのがドット派の主張だが, 照準を合わせている時点で残念ながらNoobだ.

なので, 理屈上は, おれがまだNoobならば白ドットにしたらエイムが破綻するはずだが, なぜかそうはならずエイムが重要なマクリーを使ったとしてもがんがんキルをとっていけてしまった. 命中率も40%を割ったことがない. おれはどうやらNoobを脱した.

最近, エイムがものすごくうまくなっている気がする. たぶん最大の要因は, スティックを自分の指の長さに合うCQC Signatureにしたことと, グリップカバーをつけたことだろう. この装備に慣れるにつれてエイムがどんどん良くなっているということだと思う. あとはおれがオーバーウォッチを惰性でやってないということだろう. エイムについてもただ撃つのではなく, 意識して撃つようにしている. うまく行かなかった時は振り返って次に活かす. うまくなりたいという気持ちがなくなったら, オーバーウォッチをやめる.

C4とクレアルカリンは一緒に飲んでOK

www.best-body-life.com

C4はプレワークアウトサプリメントである. 海外のトレーニーの中ではプレワークアウトを飲むことがほぼ必須と考えられており, おれもやっていくことにした. 前回のpaused スクワットは180kgを3レップスやった. ハーフスクワットは205kgをやった. 現状でもサプリ漬けになっているが, よりサプリを強化しなければまじでヤバイと感じている.

しかしこのC4には1 scoopあたりCreatine Nitrateが1g入っている. おれはすでにクレアルカリンを飲んでいる. (トレーニング前に1.5g, トレーニング後に1.5g飲んでいる) この2つは飲み合わせは大丈夫であろうか?

ぐぐってみると海外の掲示板では同じ質問が死ぬほどされていることが分かった. 結論としてはOKと分かった.

これで安心して飲める. 次のトレーニングが楽しみだ.

ところで, このC4がトレーニングの効果を上げるのは, 一酸化窒素を増やし, 血流を良くするためらしいが,

一酸化窒素の役割とバイアグラ

それって, バイアグラと基本原理は同じだと分かる. シトルリンやアルギニンは, バイアグラに手を出す前の勃起サプリとして使われているから, 結局のところ, C4は勃起サプリでもあるのだ.

そこでもう一度言う. 次のトレーニングの楽しみだ.

Overwatch: おれのピック

おれはオフェンスキャラを中心に使っている. キル数は常時20 -30くらいは稼いでるから, 一応働きは出来てるし, 積極的にサポート系に回る意味もないと思っている. オフェンスキャラを使う時は, トレーサーかソルジャーかリーパーを使っている. これはマップや味方の構成に合わせる. 近距離戦になりやすかったり, パルスボムを使いやすいマップではトレーサー. 中距離以上や仲間にヒーラーがいない場合などはソルジャー. 防衛戦でゴミを掃除する役目ではリーパーという感じだ.

オフェンスキャラはうまさが成果に直結するので, 自分よりうまい人がオフェンスキャラを選択すれば, オフェンス寄りのメイやD.VAをピックする.

チームにヒーラーがいない場合や, ヒーラーがいるとより有利になると感じた場合はヒーラーもピックする. その場合もまずはオフェンスも出来るゼニヤッタから考えて, ヒーラー専で行く場合も, マップやチーム構成によってマーシールシオをピックする. うまいやつがいる場合はそいつをマーシーでフルサポートする方が効果が出やすい場合もあるし, 壁が多いマップだとチームがばらばらになってしまいマーシーのガーディアンエンジェルが有効に使えず, チームは死ぬし自分も逃げる手段を失って死ぬ確率が上がる. だけどルシオNoob向けだからあんまり好きじゃないし, マーシーの方が使っていて楽しい.

スナイパー系(ウィドウメイカー, ハンゾー, アナ)はほとんどピックしない. 以前は一撃で敵を葬るスナイパーへの憧れからスナイパーばかりをピックしていたが, うまいウィドウメイカーやハンゾーと撃ち合うと勝てないということがわかったため使わなくなった. これは自分が精密なエイムを出来ていないためだと思う. 自分が静止しながら動いてる敵に当てるのは難しすぎる. 特に相手がルシオやゲンジのようにピョンピョンする場合は偏差撃ちが必要となってくるため無理ゲーすぎる. まぁ, 以前よりエイムは良くなったと思うからまたやってみてもいいかなとは思っている.

オーバーウォッチは3日後からランクマのシーズン3が始まる. 前シーズンは乗り遅れてしまったから, 今シーズンは積極的に参加していこうと思う.

Overwatch: モンハン持ち引退 + グリップつけた

昨日モンハン持ちを開始して, コントローラのグリップが滑ることがモンハン持ちにとって不利であると考えて速攻でグリップカバーを注文して, 今朝クッソ寒い中配達してくれたんだけど,

f:id:akiradeveloper529:20161124205128j:plain

モンハン持ち引退する. (1日)

モンハン持ちをすると, AIMが微妙になりすぎる. グリップをしっかり持たないから, 指を大きく動かすことがスムーズじゃなくなって, 大きく倒す時にぶれまくる. 少しずつしか倒せなくなるから, 逃げる敵を追いかけて当てることが出来ない. デュアルゾーンモードが悪く出てしまう.

Vortexもそうだけど, モンハン持ちも親指と人差し指が長くないと厳しい. ただ, 指が長いということは指関節の動きが指先に反映しやすいということでもあるから, 細かなコントロールは失うデメリットがある. 結局, 自分にあったアクセサリーやボタン配置を追求していくしかない.

ちなみに買ったカバーは

スティックカバーが緑なので緑を買っても良かったかな. 3倍速くなりたかった.

モンハン持ちはやめて, リロードは素直に□を押して右スティックから指を話すことにした. 結局, リロードをマニュアルでやる時というのは, 少し余裕がある時なのであんまり問題ないと判断した. 弾切れしたらオートリロードするし, おれがよく使うトレーサーなんかではオートリロードの隙をブリンクで消すのが常套手段なので, マニュアルのは多少不利を受けてもいいと思った. あと, CQCは低くてほぼフラットだからか, 親指をつける位置がVortexの時より安定するから, リロードごとに右スティックを離して位置がリセットされるのは死ぬほど嫌だということはなくなった.

あるいは, グリップが良くなったことが影響してるかも知れない. グリップが悪いと, 右スティックの触れ方にシビアになる. 例えば, 氷の上を歩いていたら重心の少しのずれで転んでしまうし, 重心はぐらぐらするが, 下が安定していればそんなことはないのと同じだ.

そのせいか, AIMが以前より明らかに安定している. 命中率30%を切るマッチがない. 40%を超えることすらある. グリップカバーは対費用効果が高いと思うのでオススメだ. オーバーウォッチは文字通り手に汗握るゲームなので, だんだん手汗で滑ってくる.

おれのボタン配置は以下. デフォルトからいじりまくっている. 全キャラ共通.

アクション ボタン
メインウェポン R1
サブウェポン R2
ジャンプ L2
アビリティ1 L1
アビリティ2
アビリティ3
リロード
しゃがみ

もっとキルしていきたい.

Overwatch: モンハン持ちを試している

モンハン持ちは海外ではクロウグリップと呼ばれる. この持ち方は, パッドを使うに当たって, 右スティックから親指を離さないと四角やバツボタンなどが押せないという不自由を解決するために開発された. (四角はリロード, バツはジャンプが通常割り当てられる) 上級者の多くは効率の追求のため, モンハン持ちをすることが多い.

この持ち方では, R1とトリガーにしてこれを中指で押し, 人差し指で4つのボタンを操る. これにより, 視点移動をしながらジャンプをすることが可能になる. ジャンプをしない場合でも, 右スティックから手を離さなくてもリロードが出来れば隙が減る. また, 一度右スティックから指を離すと, 指がスティックに触れる位置が毎回微妙に違ってしまうから, エイムが安定しなくなる. 究極的には右スティックからは指を離さない方が良いのだ. エイムが改善するもう一つの理由としては, スティックを真上から押さえることになるから全方向等しく動かせるようになることが挙げられる. ふつうに右スティックを持つとどうしても右と下方向に力が偏る.

オーバーウォッチはボタン割当が自由なのでおれはL2でジャンプをしているが, リロードの際に指を離さなくていいのは嬉しいというのと, モンハン持ちを習得した方が他のタイトルも楽しめるはずなので, やってみることにした. ちょっとやってみてわかったが, モンハン持ちならば, ダッシュをL2に割り当てた方が良いかもしれない. 他のタイトルでもL3とL2を変更してしまった方がダッシュがやりやすくなりそうだ. ジャンプをデフォルトのバツでやっていく.

キャップを低めのCQC Signatureに変更したのは正解だった. スティックが高いとモンハン持ちはエイムががばがばになる. キャップについては, やってみてわかったが, コンケーブ型の方がいいかも知れない. その方が親指の位置が安定するからだ. Vortexの左キャップがコンケーブなのでこれを試してみようと思う.

CCD最高ということで糖質制限再開します

おれはもともと, カーボドリンクに対してはアンチだった. トレーニング中にカーボをとるとインシュリンが出ることによりテストステロンが下がって, トレーニング効果に悪影響を与えると考えていたからだ. (http://osaka.machiblog.jp/ashiya/2015/05/19/469/) その代わり, トレーニング中は水にBCAAを混ぜたドリンクを飲み, トレーニング後にマルトデキストリンを混ぜたプロテインシェイク(他にBCAAやグルタミンをぶちこんでいる)を飲んでいた. これを飲まないと, 回復が遅いと感じていたからだ. 実際に, 素早い回復のためにトレーニング後に糖質をとることは広く支持されている.

カーボドリンクを推している動画をYoutubeで見て, ものは試しと思い, CCDというグリコから出てるカーボドリンク粉末を買ってみた. 1袋が500ml用だからそれを2袋とXtendを付属のスプーン一杯混ぜて, 1Lのドリンクを作ってトレーニング中に飲んでいる. 正確にはトレーニングに行く前に200ml飲み, トレーニング中はちびちび飲む.

恐ろしいことに, たった340kcalやそこらのドリンクが, トレーニング時のエネルギー切れを完全に防いでくれる. セットを増やすことが筋肥大にどれほど意味があるかはわからないが, とにかく増やすことが出来ている. おそらくミネラルなども良く配合されていることが, トレーニングをサポートしてくれているのだろう. 誰だか知らないが江崎さんに感謝したい.

もともと, トレーニングに行く2時間前には玄米ご飯と納豆を食べていたのだが, 調子に乗ってこれをやめてみた. カーボは出来るだけとりたくないからだ. カーボをとるとインシュリンが出るからたんぱく質の同化効率が上がるとは広く信じられているが, それは科学的な根拠がないことだ. トレーニング後にカーボをとることすらも, テストステロンが下がるからやめた方がいいという説もあるし, 何の影響もないという説もある. (筋トレ後の糖質摂取で得られる効果について | Fitness Junkie フィットネスジャンキー)

ようするに, 世の中何も信じられないってことだ. だけどおれは, カーボは基本的には害悪だと思っている. しかし残念ながら事実として, 人間はカーボなしでは無酸素運動が出来ない. だから必要な分だけはとるが, それ以上はとりたくない. もし, トレーニング中にカーボドリンクをとるだけで足りるならば, あとは一切とりたくない.

というわけで, しばらくやんわり型に切り替えていた糖質制限を, クリスマスまでガチでやってみることにした. ガチでというのは, 週3のトレーニング時のCCD分以外は一切の明なカーボを拒否するということだ. これは, トレーニング後の糖質摂取もやめるということを意味する. これは実験だ. おれにカーボをとらせようとするやつは殺す.

CCDは忙しい社会人にオススメだ. 社会人は会社終わりにジムに行く場合, 栄養補給万全の状態で行けることはまずない. だけどカーボが足りてない状態で筋トレはするな. 筋肉が溶けるからだ. しかしCCDを飲めば万全とは言わずともそこそこのコンディションでトレーニングをすることは出来る.

あとは朝起きてすぐ筋トレしたい人にもオススメだ. というかおれはそういう生活にしたいと思っている. ホームジムのある家に住むことが夢だ. 朝起きてすぐに筋トレすることの良さは, 夕方にかけて徐々に上がり続ける基礎代謝をいきなり上げることが出来ることだ. だから, 起きて早い段階で筋トレをすることは, 一日の基礎代謝積分的に効いてくることになる. 金があったら広い家に住んでホームジムを作り, 朝起きてプロテインを飲んだらカーボドリンクを作って筋トレをするのだが, 今のところそんな金はない. いつかはやりたい.