テストステ論

高テス協会会長が, テストステロンに関する情報をお届けします.

おれがArtisanマウスパッドを二度と買わない理由

今おれが使ってるマウスパッドはG-SRです. 今後もG-SRを使っていこうと思います.

Artisanは以下の製品を買いました. (時系列順)

  • 零MID (KUN推奨)
  • 飛燕MID
  • 疾風MID
  • 疾風乙FX MID
  • 零FX MID
  • 零FX XSOFT

トータルで2万円は行ってるはずです. どれだけArtisanに期待していたかが分かると思います. しかしここまで来て, Artisanのマウスパッドは二度と買わないと決めました.

Artisanのマウスパッドの特徴はどれも良く滑ることです. そしてその割には止まることです. 滑るということはマウスの動きを邪魔されないということであり, ローセンシでは特に必要な特性です. この点で一番バランスが良いのは零シリーズだと思います. 実際にSZ.AbsのLazさんは零FX SOFTを使っていますし, 解説で有名なmemeloffさんも零FX XSOFTを使っています. 有名配信者のKUNさんも零MIDを推奨している動画があります. 他のマウスパッドは少なくともデフォルトのソールを使う限りはCSGOで求められるレベルの止めを行うことは出来ませんでした. これはセンシが振り向き50cmレベルのローセンシでもです. 零MIDでもCSGOで使うならばもう少し止まってほしいというところで, これがCSGOのプレイヤーのLazさんやmemeloffさんがSOFT/XSOFTを使っている理由だと思います. また, おれが零FX MIDを買ったあとにXSOFTを買い直した理由でもあります.

最後に買った零FX XSOFTは, おれにとっては止まりすぎました. マウスが重く, プレイが不快に思いました. ここでSOFTを買い直そうとも思いましたが, Artisan製品から決別することにしました.

おれはCSGOでもOWでも, マウスパッドがエイムや撃ち合いの結果に与える比重というのはそれほど大きくないと思います. 位置取りやプリファイアなどのプレイ内での要素を除いてゲーム外要素のデバイスやセンシに限定しても, マウスとセンシで90%以上, マウスパッドは無難なものを使っていれば問題がないというレベルだと思いました. それがCSGOでもOWでも多くのプレイヤーがG-SRやQCKなど無難なマウスパッドを使っていて多様性がない理由だと思います.

プレイ内での要素を考慮した場合, 多様なArtisan製品の中から仮にその場面において最善のマウスパッドがあったとして, G-SRを使った場合との差は, おそらく1%にも満たないでしょう. 逆にいえばその1%に挑戦しているのがAritsanです. そしてその1%は, ほとんどのプレイヤーにとって興味のない領域です. もしかしたらこの領域に達しているプレイヤーはプロにもいないかもしれません.

もし本当に最高のマウスパッドを追究したいならば, エイムを科学的に追究して, マウスパッドの特性を数値化して購買者に示すべきです. まだeSportsのレベルはここまで達していませんし, Aritisanはマウスパッドの特性について☆を使った根拠不明な比較表しか示していませんから, この点でももう振り回されるのは嫌だと思いました. Artisanの製品を買うのであれば, 自分にとって最高のマウスパッドを探す以外にはなく(もしそうしないならZowieやRazerを使えばいいでしょう), それはArtisanの製品を全て買わないと判断出来ないことです. 全て買ったとしても, 判断出来ないかもしれません.

だから, 有名ブランドのように, 「滑る版」「止まる版」と言った感じのバリエーションしか出さないことは, それ自体十分なことですし, ユーザのことを良く考えているとも言えます.

日本の製品は無駄な機能をつけまくってやたら高いというのはよく言われることです. 誰が使うのか分からないという機能をつけて, その分価格が上がる. これはArtisanの製品ラインナップからも感じることで, これだったら例えばスポンジの硬さは全部SOFTにして他のものは省いてしまうなどしてしまった方がいいと思います. 色々パラメータをつけるということは逆にいうと開発側も何が良いものなのかわかっていないということでもあり, ユーザに混乱を与えるだけです. もし過去の自分にArtisanとの付き合い方をアドバイスするのであれば「零SOFTを買ってそれだけを使え. 他のものには目移りするな」と言うでしょう. それはこれからArtisanのマウスパッドを買おうとしている人へのアドバイスでもあります.

Artisanからレビュー用零FX SOFTが送られてくるのを待ってます♡送ってくれるのであれば, G-SRとの比較レビューをします.

(etiles report) リーダーボードの改善をしました

イータイルズにとってリーダーボードは生命線です. そうでないプレイヤーがいてもいいとは思いますが, リーダーボードで上位を目指すことがプレイを続ける大きなモチベーションになるからです.

この3日間, リーダーボード周りの改善を行いました.

これがアカウントページです.

f:id:akiradeveloper529:20180520152828p:plain

実装上の判断を説明します.

  • バイス保有するID(ANDROID_IDやIDFV)は仕様がチンカスなのもありますが, RNを使う上ではAndroid/iOSで共通化した方がいい. また, デバイスIDを使ったログインをしてしまうと, デバイス乗り換えでアカウントを引き継ぐためにはbackup用のアカウント登録が必要になってしまい, これには典型的にはFBとの連携・email/passwdの登録が必要ですが, FBの連携は実装的にSDKのリンクが面倒なことと中国などFBが禁止されてる国もあるため使いにくい, 後者はユーザが登録をしてくれなそうという欠点があります. そこで, ランダムに生成するUUIDv4を使って保存しています. これは実質的に衝突しないためアカウント乗っ取りが不可能です. 情報漏えいにもケアして, デフォルトでは見えないようにしています.
  • 国旗はreact-native-country-picker-modalというライブラリを使っています. CCA2という二文字のアルファベット(例: JP)を取得出来るのですが, これを保存してかつリーダーボードで安価に取り出す方法は容易されていません. UserDataというK-V用の領域はあるのですが, 独立性が高いAPIになっていて, リーダーボードの取得を行ったあと各ユーザについて個別にAPIを叩く必要が出ます. これは性能もそうですがエラーハンドリングでも不利になります. エラーハンドリングについて, ネットワークが安定していれば良いだけではなく, 無料枠で使っていてSLAがない場合にはPlayFab側が自由にリクエストをドロップすることが許されますから, 大量のAPIを瞬間的に行って, どれか一つでも落ちるとダメですという実装にするのは良いことではないです. そこで, 記録などを保存するstat領域に保存しています. これならばリーダーボードの取得と同時に取り出せるからです. やり方は, 2文字のアルファベットを整数に圧縮しているだけです.
  • Avatar用にはAvatarUrlという領域があり, PlayFabとしてはこれを使うことが推奨されています. この方法だと, PlayFabの管理画面でAvatarが使われたりします. このURLは自由で, Googleから自由に画像検索してきてもいいのですが, やめました. 理由はまず, アス比1が強制されないこと. 次に, ポルノや殺害など悪質な画像を使う人が現れるからです. そこで, ある程度チェックの効いていてアス比が約束されているサイトからURLを引くことにしました. 最初はGravatarを使いましたが現在のユーザの全員が, この使い方を理解出来ませんでした. そこで次に, Twittterのアカウント画像を引く方法も追加しました. これならば理解出来ないユーザはいないと思います. Gravatarでは画像のアップロード時にどういうコンテンツなのかを選択させますし, Twitterではあまりに悪質な画像はBANされますから, 悪質な画像を弾くという点では多少の効果があり, かつ両方ともアス比1の画像を引けるのでこの2つで行こうと思います.

現在のリーダーボードはこういう感じです.

f:id:akiradeveloper529:20180520152826p:plain

特徴としては国旗を入れているところです. アバターを入れるというのはどのゲームでもやることですが, 国旗を入れるというのはなかなかやりません. この意図は, イータイルズが世界に広まった時に国家レベルの争いにしたいからです. イータイルズの成績は究極的には純粋な知能を反映します. これは一度プレイすれば分かることです. 例えば冷戦時にイータイルズがあったとすると, アメリカの国旗が上位にあれば, ロシアは才能のある子に特殊訓練を施してイータイルズでもアメリカに勝ちに行ったでしょう. どことは言いませんが現代においてもそのような敵対関係はありますから, これを利用すればイータイルズが連鎖的に広まっていくのではないかと思いました.

イータイルズは今後も機能やデザインの改善を続けていきます. 応援よろしくお願いします. 現在ベータテストをしているAndroid版のダウンロードはGoogle Play Storeからetilesで検索してください.

(etiles report) PlayFabをバックエンドに使うようにした

1ヶ月ぶりくらいになると思うが, Betaを更新した.

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gr.java_conf.etiles.android

以前はGoogle Play Serviceを使ってリーダーボードを提供していたが, iOS版もサポートすることを考えた時には両プラットフォームに対応したバックエンドを使うことが望ましいため, PlayFabを検討していた. この検討には長い期間をかけた. 実装自体はGWの数日で終わった.

Former PopCap exec starts PlayFab to help game studios with back-end support – GeekWire techcrunch.com

PlayFabはベンチャーが作ったモバイルゲーム専用のバックエンドサービスで, MSが今年のはじめに買収したもの. MSが買収したものなので, 他の野良サービスよりは信頼出来ると言えるし, Azureを利用してサービスを提供するということであれば, サービスが途絶える可能性は十分に低いと言える. 仮にPlayFabがディスコンとなっても, その時には他のより良いサービスが出来ていると思うし, 十分なユーザ数がいるのであればおれが自作するという選択肢もある. 従って今このサービスを使うのは問題がないと考えた. むしろ, iOS版をいきなりディスコンとしたGoogle Play Serviceの方が信頼に足らない. 今後Android版も突然切るということも考えられる.

PlayFabの特徴は, 全てのAPIをRESTで定義していて, それを利用するための各言語向けライブラリを自動生成していることだ. Google Play ServiceはAndroid向けのライブラリを提供していて, react-nativeから使うためにはブリッジを実装する必要があったりして鬱陶しいが, RESTならば最悪ケースScala.jsから直接リクエストを発行することも出来る.

etilesはsriというライブラリを使ってScala.jsによってreact-nativeのコードを生成するというスタンスをとっているため, node.js向けのライブラリを使うことにした. ただし, 直接的には使うことが出来ないので, GitHub - parshap/node-libs-react-native: Node core modules for React Nativeを使っている. なぜこのようなワンクッションが必要かというのはRunning Node Modules in React Native · GitHubに設計思想含めよくまとまっているから気になる人は読んで欲しい. 似たようなライブラリはいくつかあるが, これが一番後発でstarは20程度しかないがもっとも良いと判断した. やってることは当たり前のことで難しくなく, かつ多くの人から必要とされているため, 信頼に足る. ついでにいうと, Node.jsのライブラリを騙すためにhttps://github.com/parshap/node-libs-react-native/issues/8に書いたように無意味なバージョンを与えるハックもしているが, コードを大胆にいじるということではないし, このハックがダメだと分かってしまった場合にはREST APIを叩くライブラリを自分で書けばいいだけなので, このまま行くことにした.

バックエンドがPlayFabに置き換わったことで, 今はまだAndroidでしかリリースしていないが, 今後iOS向けにもリリースすることを予定している. 実際にiOSのemulatorではetilesはadも含めて完全に動いており, UIの違いで多少直すべきところはあるがAndroid版と同水準にある.

今後はまずAndroid版での正式リリースを目指す. 今回のリリースはPlayFabを正しく使えることがメインで, UIに関しては最小限なのでもう少しマシにする. 他には, アプリを広めていくシステムがないため, Shareなどの実装を検討している. iOSについては, Androidで実績を詰んだ後にリリースとなる. Androidリリースが5月, iOSが6月を計画している.

最後になるが, アカウントにアイコンをつけることについては技術的には出来るものの, 検討が必要だと思っている. 例えば, エロ画像をアイコンにするなどされた場合にはetilesが場合によってはBANされる可能性もあるため, これを弾くか, コントロール出来る仕組みが必要だと思う. 今考えてるのは, アイコンが表示されるのはトップ5までで, それ以下の人は表示されないという方法だ. これならば, 自分でチェックしてBANすることも出来るし, アイコンを載せることに付加価値をつけることも出来る. また, ある程度ユーザがいる場合に上位に載せるプレイヤーはetilesをまじめにやるプレイヤーだからそういうバカな真似はしないと考えられる. エロ画像の他にも宗教的・政治的な画像も禁止したいため, 究極的にはGoogle Games IDのように決められたアイコンセットの中から選ばせるとか, あるいはより信頼性の高いFacebookの画像を使うとか色々アイデアはある. すべてを検討した上で, やるかやらないかも含めて決定する.

etilesでプレイヤーを増やし, adでお金を稼ぎ, ホームジムと実況部屋のある家に住む.

動くボットを使ったセンシ合わせ

ゴッドエイムあきらです. 新しい動画を撮りました.

www.youtube.com

PSAメソッドでは, 定点に対してクロスヘアを張り付かせながら自分が左右に揺れることによって, センシが正しいかどうかの判断をしますが, この方法は慣れるとある程度高いセンシでもうまく出来てしまうという欠陥があると考えています.

そこで, 相対速度に帰着させて, 自分ではなく的を動かすことを考えます. 紹介した方法では, aimbotzでボットを左右に動かして, これをクロスヘアで追います. この時, 距離や速度を変えることが出来ますし, godzmodeを使ってボットを撃つことにより実戦に近づけることも出来ます.

この方法では, 10edpiで差が出ます. 特に, 高いセンシではボットを追い越してしまうはずです. やってみてください.

(etiles report) 今後iphoneからandroidへの乗り替わりが増えると予想

今おれはetilesをiOSにも対応させるためPlayFabの利用を検討しているが, そこにこんなニュースが飛び込んできた.

iphone-mania.jp

www.bcnretail.com

意見交換会というのは合コンのことだ.

現在, iOSを使ってる人のほとんどは以前からiphoneを使っていて, そのままずるずるとソフトバンクauと縛り契約を続けてる人ではないだろうか. おれもそうだった.

では, この縛り契約が禁止された場合, iphoneを使い続ける人はどうなるだろうか. 自然と減るものと思われる. 今現在iphoneを使ってる人は, SIMフリー版を10万円で買える人と, 携帯会社と縛り契約を続けてる人の2種類だが, 後者がまず減っていき, 前者も減っていくのではないかと思われる. なぜならばiphoneを持ってることがそれほどクールではなくなってくるし, 実際に今のiphoneandroidの上位機に比べて良いかというとそうでもないからだ. 実際に縛り契約のない海外でもiphoneの使用率は減り続けている.

では今後何が起こるか. そして何をすべきか?

スマホなしの生活に戻るという選択肢はないため, iphoneユーザは自然とandroidに移っていく. これは2年とか3年とかで効果が見えるような時間感覚となる. etilesとしては, 3年後を目指してandroidに絞るというのは妥当な選択ではないため, PlayFabに移る検討に影響はないが, iOSでのプレイヤーがandroidに移る時に何の支障もないように作っておく必要はある. 実際に技術的には出来るのだが, UIなどの設計で自然に誘導出来るようにしておくということだ.

iOSからandroidに移る際に手助けをするサービスもビジネスチャンスがありそうな気がする. もちろん現在SIMフリーを契約して使ってる人にとっては簡単なことだ. しかしiphoneを縛りプレイで使ってる人の多くは情弱であるから, 彼らを手助けすることには価値がある.

もちろん回線会社にもビジネスチャンスがあるだろう. 今後, 家族全員がandroidになったりするケースが多くなるだろうから, それに備えるのが良い. 今から画期的なサービスを設計すべきだ.

etilesをPlayFabに移行させる案については次回の記事でまとめる.

Artisanの疾風甲が売り切れな理由を推察する

www.artisan-jp.com

Artisanのマウスパッドは他のメーカーのマウスパッドに比べて質が良いと思っていて, おれは今まで三枚(零MID, 飛燕MID, 疾風MID)を買ってきた. なぜ全部MIDかというと, サーフェイスの違いを活かすためにはスポンジは硬い方がいいと思うからだ. スポンジを柔らかくしてマウスが止まるようになった場合, それがサーフェイスの違いによるものかどうか分からない.

今回おれは疾風よりは多少マウスが止まり, かと言って零ほどは止まりすぎないマウスパッドを買おうと思い, 候補としては最新作の疾風甲と疾風の改良版としての位置づけの疾風乙があったが, 疾風甲はサイトからも買えないし, 秋葉原のアーク・ガレリア・ツクモどこにも置いてなかった. どうしてこのような異常な事態になってるのかおれなりに推察をする.

f:id:akiradeveloper529:20180415172911p:plain

f:id:akiradeveloper529:20180415172914p:plain

まず事実として,

  • FXでは疾風・疾風甲・飛燕VEが売り切れとなっている
    • 最新作の甲の人気がありすぎて売り切れというのはあり得るにしても, どの店にも在庫が残っているような疾風・飛燕VEが売り切れというのは不自然
  • FXの次のRMシリーズでは疾風・疾風乙は消失し疾風シリーズは甲一本に絞られる

以上からおれの推察は以下である

  • Artisanは今後売らないシリーズについて現時点でこれ以上売らないことにした
  • 疾風甲はRMでのリリースが本チャンであり, FXの甲はなんらかの理由でこれ以上売らないことにした
    • 理由1) 品質に不具合があった or 納得の行くものではなかったため撤退
    • 理由2) FXでの甲は市場からのフィードバックを得るためのプロトでありそもそも増産する気がない

甲はプロゲーマーなどには無償提供されていたようだから, 理由2の方はわりと当たっているかなと思っている.

Tobiiのアイトラッカーがすごすぎる件

配信を少し面白くしようと思ってアイトラッカーを買った.

Tobii Eye Tracker 4C Gaming Peripheral

Tobii Eye Tracker 4C Gaming Peripheral

StellSeriesが出してるSentryというのは, これの1世代前のものをOEMして出した製品で, Amazonで買えるものの中ではおそらくこれが最新だと思われる. 今回買った製品で, 配信に視線を載せるというレベルでは十分なレベルにあるため, アイトラッカーが欲しい人は次を待たずして買ってしまっても良いと思う. というか猛烈に売れているわけではないだろうし次は出ない可能性が高い.

セットアップは簡単で, OBSと連携させるのは以下の公式ブログが役に立った. Tobiiのソフトウェアの出力をゲーム画面として取り込み, 背景を透過させる設定をチェックするだけで良い.

help.tobii.com

アイトラッキングの有名なテストとして篠崎愛の写真を見るものがある. 男としては当然やっていく必要がある.

www.youtube.com

見てもらえば分かるとおり, 顔や胸など見てるところにきちんと視線が行ってることが分かると思う. この精度はさすがに視線だけでFPSが出来るというレベルではないが, 索敵など補助的な要素としてアイトラッキングを使っていくには十分だと思われる. 実際に現在プレイ中のFarCry5ではTobiiのアイトラッキングバイスを使ってプレイの一部を行うことが出来る.

肝心のゲーム配信への応用だが, CSGOの1vs1をやってみたものが以下

www.youtube.com

結論を言うと, CSGOではアイトラッキングはそこまで面白い要素ではないと思う. なぜならばCSGOではプリファイアを慎重にしながら動くことが重要であり, クロスヘアを置いてない場所を見ていたら間違っているからである. この動画でも基本的にはクロスヘアと視線が一致していて, そうでない場合は物陰に隠れながら目で索敵しているときくらいである. MMではほとんどの場合, 視線とクロスヘアが合わないのはミニマップとキルログを見る時くらいになると思う.

ではどういうゲームではアイトラッキングが特に有用かというと,

  • バトロワ系 (PUBG, フォートナイト): 配信者がどのように索敵しているかを視聴者に示すことに大きな意味がある
  • オーバーウォッチ: 敵や仲間のライフの確認など, クロスヘアを合わせないまま行う作業が多いため意味がある
  • MOBA系 (LoLなど): やったことはないがたぶん意味がある

が挙げられる. おそらくCSGOやR6SなどのゆっくりとしたFPSはアイトラッキングの恩恵がもっとも小さい部類だろう.

価格は2万円と少し高いが, 性能には満足している. まぶにゃんなどバトロワ中心にやっている配信者にはぜひ導入してもらいたい.